HOME >  セミナー情報 >  リアル マレーシア不動産 視察会
なうで紹介 mixiチェック

リアル マレーシア不動産 視察会

11
127
  海外不動産投資ブームと言っても良いくらい、多くの人が海外での不動産投資をスタートさせています。

  特にマレーシアは、日本人から見た不動産投資先として注目を集め、多くの人がマレーシア不動産を購入してきています。既にマレーシアの不動産を購入して、ちょうど完成したところ、もうすぐ完成するところという方が多いのではないでしょうか?
 
  前から弊社では言っていますが、不動産は買うのは簡単です。

  何も難しいことはなくて、お金さえだせば、どんな物件でも喜んで売ってくれます。
 
  不動投資の難しいのは、物件が完成した後からなのです。

 
  マレーシア不動産の場合は、プレビルドで未完成の物件を購入するのが一般的でしたから、物件が完成する前は、頭金の部分だけ払ってしまえば、何も心配する必要はなくて、ストレスがないのが魅力的なところです。

  ところが、物件の完成が近づく、物件が完成すると、急に色々な不安が襲ってくると思います。

22

不動産投資は、あくまで投資ですから、キャピタルゲインやインカムゲインを狙って、あくまで利益を稼ぐ事が狙いです。

その収益を確定させるためには、その前に色々と考えなくてはいけない事があります。

ましてや、日本からマレーシアの物件を管理するとなると、色々と不安があると思います。

日本にいながら、マレーシアのエージェントにお願いして対応するとなると、結局のところ丸投げしてお願いするしかなく、実際のところがどうなのか?というが、現地をちゃんと見ないと分からないのです。

ですから、早いうちにマレーシアの不動産投資というものがどいう事なのか、自分の目で確かめておくことで、その後の不安が全然違ってきます。

不安というは、何も知らないところから生まれてくるのであって、先に知っておくというのは、不安を取り除く上で、とても大切なことなのです。
 
t1

マレーシアと日本と、違うところはたくさんあります。

言葉や文化、商習慣など、あらゆるところで、日本とマレーシアでは違いがあります。
124
プレビルド物件を購入された方であれば、プログレスペイメントによる支払や、DIBSの竣工前金利免除の仕組みなど、日本では聞いた事の無い事がたくさんあったと思います。
 
ところで、あたなは物件が完成した後に起こってくる、日本とマレーシアの不動産の商習慣の違いを、きちんと理解しているでしょうか?
日本の常識を前提にして、マレーシアで不動産投資をしようとすると、必ず痛い目に遭います。

事前に、マレーシアの不動投資における常識を理解しておかないと、せっかくのマレーシア不動産投資が失敗に終わってしまいます。
 
例えばですが、まず基本的なところの違いですが、マレーシアの場合は、物件の引き渡しを受けて、家の鍵をもらっても、まずすぐには住めません。

家具がないからとか、そういう問題ではなく・・・

電気も付けられない、洗面台が1つもない・・・なんていうこともあります。

カーテンを付けたくても、カーテンレールはありません。
 
住むためには、最低限のリフォームをしないと基本的には、住めません。
住めないということは、賃貸にも出せません。そういう事です。

マレーシアでは当たり前の事ですが、ちゃんと知っているでしょうか?
 
マレーシアの不動産事情をきちんと知らないと、あとでビックリすることばかりになってしまいます。

こんなはずじゃなかった・・・と思わないためにも、事前知識は本当に必要です。
 
 
t2

本題に入りますが、こうした日本人投資家の方に、マレーシア不動産投資の常識をしっかりと把握してもらうために、リアルなマレーシア不動産の視察会を開催します。

リアルなマレーシア不動産と言っているのは、先頃私の所有する物件がめでたく完成して、鍵の引き渡しを受けてきました。

さすがに勝手にお客様のお部屋を視察会にするわけにはいかないので、私の個人所有の完成したばかりのマレーシア不動産の状態を視察できる機会を設けたいと思います。123

マレーシアで物件の引き渡しを受けた直後がどういう状態なのかというのを見てもらえる貴重な機会です。

一度見ていただくと、ご自身の物件が完成したときのイメージも格段に分かりやすくなると思いますし、その後の戦略が立てやすくなるという訳です。
 
リアルな物件を見てもらうという機会なので、当然マレーシアに来てもらう必要があります。マレーシアに来てでも、是非見てみたいという方に、今回の視察会に参加してもらえればと思っています。

そして、現地の物件を見るだけではなく、特別セミナーとして、マレーシアと日本の不動産投資の違いについてのレクチャーを行います。

そして、実際の完成済みの物件と、マレーシア不動産投資で必要な知識をセットにして、あなたの物件完成後の投資戦略などを柿田が一緒に考えます。

当たり前ですが、不動産というのは、場所によって今のマーケットも違ってきますし、それぞれの資金状況によっても戦略が変わってきます。マレーシアまで来ていただける方であれば、個別のアドバイスをさせていただきますので、戦略が明確になります。

マレーシア不動産のプレビルドは、一気に何十、何百戸のユニットが放出されます。スタートで悩んでいると、明らかに投資上不利な立場になります。物件が完成したら、即動ける決断が求められるので、決断できる状況にしておくのは本当に大事です。
 
日程ですが、私も引き渡しの状態のまま放置しておくわけにはいかないので、視察は今回の1回きりです。次は今のところ予定していません。
 
t3

日時: 10月25日(土) 10:00~21:00

当日の予定:
 ホテルにて、事前に場所の情報、視察時の注意点をレクチャー
 柿田所有の物件を視察
 クアラルンプール市内で昼食
 日本とマレーシアの不動産投資の違いについてレクチャー
 (時間があれば) どこか最近のモデルルーム見学
 マレーシアでのディナー

参加費用ですが、お一人様69,800円(非課税)となります。
(弊社から物件購入いただいたお客様は、参加費9,800円となります)

費用には、10月25日当日の移動費、セミナー参加費、昼食、夕食代が含まれます。マレーシアへの往復航空券、ホテル代は別途となりますのでご自身で手配ください。

10月25日(土)の開催ですので、東京近郊にお住まいの方であれば、24日(金)の深夜便のエアアジアでマレーシアに来ていただいて、週末だけでも十分参加は可能な日程にしてあります。

お仕事が忙しくて行けないという方でも、来てもらいやすい日程を設定していますので、この機会にマレーシアにきてください。

128
不動産投資というのは、非常に大きな買い物です。そして、買った後も、ローンの返済だったり、毎月の家賃支払いだったり、色々とお金がかかります。

今回の視察ツアーの参加費は、69,800円に設定していますが、1ヶ月分の家賃にも満たない金額です。

それよりも、マレーシアの常識を知らずに、数ヶ月出遅れてしまう方が、よっぽど無駄な損失になりますし、知らないがためにストレスが溜まったり、心配が増えたりで、悪い事ばかりです。

しっかりと物件完成前に備えて、マレーシア不動産投資を一緒に成功させていきましょう。
 
t4

Q. 10月25日は都合が悪くて参加できないのですが、他の日程はありませんか?
A. 申し訳ありませんが、物件もリフォームを入れてしまいますので、完成直後の状態で見られる日は限られています。個別の日程であれば調整できる場合もありますので、10月25日より前の日で希望があればご相談ください。

Q. まだ物件完成まで時間がありますが、見たほうが良いですか?
A. むしろ物件完成前に見ていただいた方がイメージしやすいと思います。

Q. ちょうど購入した物件が完成したところなのですが、賃貸や売却などを相談できますか?
A. 原則として、弊社で購入いただいたお客様が優先となりますが、賃貸や売却などのご相談があれば個別にご連絡ください。

 
2cf5e0fe9925bc316de85c6f5fdf8db1ca13708b
  [参加お申し込みはこちらから]

まずはお気軽にお問い合わせください!TEL:047−702−8199 メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ
//-->