HOME >  セミナー情報 >  【終了】間違いだらけのマレーシア不動産
なうで紹介 mixiチェック

【終了】間違いだらけのマレーシア不動産

head1

 

マレーシアの不動産は、日本人から大きな人気を集めています。

人口減、デフレ、政府債務の悪化と、悪いニュースが目立つばかりの日本とは違って、マレーシアは継続的な人口増加、ピラミッド型の人口構成、安定したGDPの成長、安定したインフレと、マレーシアへの投資は東南アジアの中でも、日本人が安心して投資できる環境が整っています。

また、東南アジアの中では珍しく、マレーシアの不動産は、外国人が土地・建物の名義を登記することができるので、現地パートナーを必要とせずに購入ができるのも、安心して投資ができるが、マレーシア不動産の大きな魅力です。

日本で資金を寝かせておいても、全く資産が増えることはないので、右肩上がりのトレンドであるマレーシアに投資するというのは、正しい選択です。

 

しかし、マレーシア不動産を紹介する業者は、マレーシア不動産の全てを語りません。

マレーシアのメリットについては強調して伝えますが、投資リスクについての説明が、決定的に不足しています。

日本人が、マレーシアの事情や土地勘が分からないのを良いことに、現実を包み隠している事実があります。

 

マレーシアの不動産について、こんな不安はないでしょうか?

・ マレーシアの不動産は、ちゃんと上がるのだろうか?
・ 私の買った物件(買おうとしている物件)は、本当に良い物件なのだろうか?
・ マレーシアのマーケットからみて、物件は割安なのだろうか?
・ プレビルド投資で、物件が完成したら、ちゃんと賃貸に出せるのだろうか?
・ 物件を売却するときに、すぐに買い手が見つかるのだろうか?
・ 物件の管理は、どうやったらいいのだろうか?
・ 銀行ローンが払えなくなったら、どうしたらいいのだろうか?
など

 

実際に、日本に住みながらマレーシア不動産を購入するというのは、大きなリスクが伴います。

良い面だけ業者から聞き、業者の言われるままに物件に投資しても、良い結果がえら得るとは思いません。

特に、日本人に人気の高いジョホールバルは、良い情報だけが流れており、投資リスクについて十分な説明がされていないと感じます。

 

マレーシア不動産業者は、物件を売る事が最重要であり、物件が売れなくなる可能性のあるリスクについてあえて触れないのは、ビジネス的に考えれば当然の事です。

業者から発せられる、マレーシア不動産の情報は、間違いだらけです。

購入者は、その辺りの事情をしっかりと理解し、あなた自身がマレーシア不動産についての事を、もっと知る必要があるのです。

 

 

1

物件の購入段階においては、決まった資金計画さえちゃんと守れば、それほどリスクはありません。

特にプレビルド物件においては、正確な資金計画が決まっており、物件の完成が数年後ということもあって、すぐに問題は顕著化しません。

問題が顕著化するのは、決まって、物件を売却したり賃貸に出したりする段階

予定通りに売却ができなかったり、賃貸ができなかったりすると、銀行ローンの返済だけが重しになったり、賃貸収入がないのに、毎月の管理費が発生したりと、予期せぬ出費が伴います。

不動産投資には、様々なリスクがあるので、どんなリスクがあるのかを知る必要がありますが、最終的な保険になるのが「資金計画」です。

 

 

2

まず誤解しないでいただきたいのは、マレーシア不動産は、堅調な右肩上がりが続いています。

このトレンドについては、しばらく続くことが予想されます。
マレーシア不動産のマーケットについては、非常にポジティブです。

例えば、10年先を考えれば、マレーシア不動産は間違いないでしょう。

国際的に見ても、まだ明らかに割安。今から価格が下がる事を考える方が難しいです。

 

しかし、マレーシア不動産が、すぐに価格上昇するかどうかは、マーケット次第です。

となると、問題になるのは、10年先まで耐えられるかどうか?が問題なのです。

仮に、すぐに賃貸ができない、売却できない場合には、資金的に持ち出しが発生します。
資金の持ち出しが発生するリスクを、しっかりと計画して軽減しておけば、投資リスクを大きく軽減することができるのです。

だから、今のうちにやっておくことは事なのです。

 

これからマレーシア不動産投資を始めようと思っている方もそうですが、既にマレーシア不動産を購入された方も、「資金計画」を長期的に考えて持つ必要があります。

 

 

3

あなたもご存じと思いますが、マレーシアの定期預金は3%を超える金利が付きます。

日本ではゼロ金利が長期的に続いていますので、マレーシアの定期預金は非常に魅力的に映るはずです。
マレーシアの金融市場は、日本にはない魅力的なマーケットが広がっています。

マレーシア不動産投資のリスクを抑え、効果的な投資を実現するためには、こうしたマレーシアの金融商品のマーケットの特性を理解し、適切な組合せで金融資産を活用することが効果を生みます。

マレーシア不動産だけで考えるのではなく、マレーシアの定期預金、銀行ローンなどを踏まえて、どのように資金を配分し構成するのか?が、物件を選ぶ事以上と合わせて重要なのです。

 

4

マレーシアに住んでいる私から見れば、不動産業者から発せられる情報は、悪いニュースを包み隠したものばかりで、日本人投資家に悪い影響を与えています。

日本人に、マレーシア不動産の間違った現状を知ってもらい、マレーシアに住んでいるからこそ分かる実態と、最適な資金計画のあり方をセミナー形式でご紹介したいと思います。

マレーシア現地から、生の情報を聞ける貴重な機会で、決して不動産業者が明かさない事も、包み隠さずにお話をしたいと思います。

 

講師プロフィール

柿田文和 写真
柿田 文和 (Fumikazu Kakita)
Triangles Top Consulting Sdn Bhd CEO
Visondata (M) Sdn Bhd CEO

柿田自身が投資家として日本国内や海外投資を行いながら日本の個人投資家の育成を行っている。現在は家族でマレーシアに移住し、生きたマレーシア不動産投資情報の提供や個人投資家への情報提供を活動的に行っている。

日本の将来性に不安を感じる日本人に対して、安定して日銭を稼ぐためのビジネスや、安定した投資術を教えている。あくまで、個人投資家の立場で物事を判断し、信頼のおける情報を提供している。

日本では、サヤ取り株式投資、不動産オーナーとして、海外ではアメリカ・マレーシアでも不動産投資を実践中。香港での金融商品や、マレーシアの金融商品など、幅広い金融知識を有している。

著書に「今どき株で儲けるサラリーマンの週30分ルーティン投資術」がある。フジテレビの報道番組への出演やBIG tomorrow、SPA、賃貸住宅新聞など、雑誌・新聞への掲載実績多数。「ハローマレーシア2014年版にも、マレーシア移住者としてのインタビュー記事として掲載されている。

名称未設定 2

中村直樹 写真
中村 直樹 (Naoki Nakamura)
N.S Vision Marketing Sdn.Bhd CEO
N.S Vision(MM2H) Sdn.Bhd. CEO
Tanao Auto Parts Sdn.Bhd CEO
マレーシア政府公認 MM2H代理申請業者など

在マレーシア歴20年以上のベテランで、マレーシアで複数の事業を立ちあげている。日本人ならではのサービス力が定評で、マレーシア移住、起業、不動産など、日本人がマレーシアで生活・事業・投資をするのに必要なトータルサポートを行っている第一人者。

マレーシア政府公認のMM2H代理申請業者でもあり、マレーシアローカルの情報網や人脈について圧倒的な力を持っている。マレーシアの事をよく知っており、総合的な判断・対応力が魅力。

マレーシア歴が長い事もあり、マレーシア不動産における、誤った情報が流れている事を危惧し、正しい情報を日本人に伝えようと情熱を燃やしている。

 

セミナー内容

セミナーでお話する内容の一部をご紹介致します。(内容は一部変更になる可能性があります)

・ 本当に大丈夫なの?!マレーシア不動産が長期成長する理由とは?
・ MM2Hは住むだけのものではない!MM2Hが投資に有利に働く理由とは?
・ 私にも取得できるかしら?MM2Hを取得するための条件とメリットは?
・ 自己資金はあるが、どこまで投入すべきか?銀行ローンを活用する場合の最適比率とは?
・ できるだけ自己資金を抑えて、レバレッジを掛けたい。銀行ローンを最大限引き出すための条件、方法とは?
・ 不動産も良いけど、もっと魅力的な金融商品はないの?マレーシアならではの安定投資の方法とは?
・ マレーシアの定期預金は3%以上。何か上手く活用する方法はないだろうか?マレーシア定期預金を徹底活用する方法とは?
・ 家賃収入を狙いたい!インカムを狙う時の物件選びのポイントは?チェックすべき項目とは?
・ この地域は投資として良いの?最新版、マレーシアマーケットとターゲットにすべき地域を公開。
・ 不動産投資だけでは、リスクが高い。マレーシアでの最適なポートフォリオ分散法とは?
・ 業者の言いなりになっていると危険!プレビルド投資の落とし穴とは?
・ 新築もいいけど、中古マーケットも面白そう。ずばり、プレビルドか中古物件か?
・ 物件を買うのはいいけど、ちゃんとローン返済できるかどうかが心配。ローン返済を長期安定的に行う方法とは?
など

 

セミナー費用

在マレーシアの2人からの話が聞ける貴重なセミナーですが、今回の参加費は無料で開催させていただきます。

なぜ、無料で開催するのか?

実は、このセミナーには裏があります。

間違いだらけの情報で不動産を買ってしまい、あとで私達の所に相談に来る人が後を絶ちません。後で相談に来られても、私達にできることは限られてしまいます。

日本でお話できる機会も限られているため、限られた機会に多くの人に話を聞いてもらい、事前に取れる対策を取ってもらいたいのです。

本気で、マレーシア不動産を考えている、あなたに是非参加してもらいたいと思います。

 

 

セミナー情報

 

日時: 4月19日(土) 14:15~17:00 (入場時間 13:50~)
場所: 赤坂T-Frontビル 3階
住所: 〒107-0052
東京都港区赤坂1-3-3
T-Frontビル3階
アクセス: ・地下鉄銀座線・南北線「溜池山王」駅 徒歩2分
・地下鉄千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅 徒歩5分
・地下鉄銀座線「虎ノ門」徒歩7分
・地下鉄南北線「六本木一丁目」駅 徒歩9分
参加費: 無料

map

 

 

申込みフォーム

定員になりましたので、受付を終了しました。

まずはお気軽にお問い合わせください!TEL:047−702−8199 メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ
//-->