HOME >  News & Topics >  新物件情報 KLCC間近 Star Residence
なうで紹介 mixiチェック

新物件情報 KLCC間近 Star Residence

< 2013年12月9日 >

ここ最近、マレーシアでは涼しい日が続いています。
半袖だと肌寒いくらいの日が多くなっています。

 

2013年も終わりに近づいてきましたが
今年は、マレーシア不動産という環境においては
非常に大きな変動のある1年となりました。

特に、マレーシアでの銀行融資面が厳しくなったのが顕著で
加えて、2014年からの改革と大きな波が来ています。

海外投資では、常に外部環境が変化していますので
常にマーケットを見ながら、適切なタイミングで始めることが
できるだけ有利に投資を始めるポイントです。

 

■□■□■□■□■ KL不動産税 結局アップの様子 ■□■■□□■□■

 

さて、前回お話しました、クアラルンプールの不動産税ですが
前回のメルマガでは、値上げ延期と書かさせていただきました。

ところが、今度は一転して、予定通り2014年1月1日より
クアラルンプールの不動産税を値上げすると発表しました。

 

まだ、変更になる可能性は大いにあるのですが
値上げしていく方向では間違いないようです。

増税に合わせて、オーナーとしては維持費の増大になりますし
年間の維持費が増えるということは、賃料アップにも繋がりそうです。

クアラルンプールの不動産オーナーとしては
不動産税アップについては、覚悟仕しておいた方がいいですね。

 

■□■□■□■□■ ペナンでも不動産税アップ ■□■■□□■□■

 

クアラルンプールでの不動産税が増税になりそうですが
ペナン州でも、不動産税の増税が検討されています。

実施の時期は、2015年を予定しているということですので
まだ1年先の話になりますが、プレビルド物件を買った方には
影響がない話ではありません。

どの州でも、増税の方向に動いているようですので
クアラルンプールやペナンに限らずに
増税ありきで考えておいた方がいいかもしれません。

 

増税の幅などは、物件によってかなり違いがありそうですので
個別に確認していただければと思います。

 

■□■□■□■□■ MM2H取得者 日本は世界第2位 ■□■■□□■□■

 

マレーシアのロングステイビザ(MM2H)の取得件数が
先日マレーシア政府から発表になりました。

ここ10年くらいで、日本人のMM2H取得者は2,880人と発表されています。

 

この人数を多いと思うか、少ないと思うか
人によって意見が分かれるところだと思いますが・・・

個人的には、マレーシア移住ブームとか言われたりしますが
10年で2,880人でブームか?
という気がしています。

マスコミから発せられる情報に偏りがある気がします。

 

MM2H以外で滞在している人もいると思いますので
実際には、住んでいる人は、もっといると思いますが
不動産にしても、この手の数字にしても
しっかりと実際の数字を把握して、自分なりに分析する必要がありますね。

 

あなたは、この数字を見て、どう感じるでしょうか?

 

■□■□■□ 新着物件 KLCC間近 Star Residence ■□■□■□

 

今日は、KLCC周辺の新着物件をお届け致します。

物件名は「Star Residence」という物件です。

 

KLCC(ツインタワーがあるところ)から、徒歩5分という
都心部に非常に近いエリアに建設されるコンドミニアムです。

KLCC LRT駅へも、徒歩2分のアクセスという好立地。

Star Residenceは、何より優れた物件の立地にあります。

 

下層階には、6フロアからなるショッピングエリアが建設され
周辺環境だけではなく、コンドミニアムも敷地内でも生活できる
非常に便利なプロジェクトになります。

 

Star Residenceの近くでは、三井不動産とE&Oの共同プロジェクト
「The Mews」の建設予定がすぐ近くです。

Star Residenceは、The MewsよりもKLCCに近く、駅にも近く
しかも、コンドミニアム下層階には、ショッピングもあるという
比較してプラスの条件しか見つからないにも関わらず
価格はThe Mewsと同じ単価での販売となっています。

条件からすると、Star Residenceの方が
断然優位性があるというのが私自身の見解です。

 

さらにさらに、Star Residenceの物件完成は2019年を予定しています。

つまり、今Star Residenceを購入すれば
物件完成時には既に5年が経過していますので
不動産売却益の税金についても、ほぼ気にする必要がありません。

各種条件を考えると、比較的リスクが低めな不動産物件だと思います。

 

KLCC中心部は、かなり単価もあがってきていますが
Star ResidenceのTower 1の販売は、単身者向けのユニットが多く
販売価格も、比較的手が届きやすいのがメリットです。

Star Residenceは、まだ正式販売前で、プレビューという段階ですが
プレビューから2週間で、既に60%以上の部屋が売れています。

安めの部屋や、ツインタワーが見える部屋から
どんどん売れて行っていますので、KLCC中心部ご希望の方は
お早めにご検討いただければと思います。

 

http://malaysia-property.biz/realestate/starresidence.html

 

 

マレーシア王子の「7日間のマレーシア不動産の魅力」無料セミナー配信中!

マレーシア不動産の魅力を7日間に渡って動画形式にてお届け!
まずはお気軽にお問い合わせください!TEL:047−702−8199 メールでのお問い合わせはこちら
ページ上部へ
//-->